電子機器の自作に便利な電子部品の通販店を利用する時のポイント

電子工作は自ら電子回路の設計が出来ない場合でも、ネットの中にある電子回路図やプリントパターン図を入手すれば誰もが気軽に楽しむ事が出来ます。
例えば、パソコンに接続するアンプを作りたい場合は、「パソコンアンプ回路」などのキーワードを使って検索を行えば、他の人が設計した電子回路図やプリント基板に必要となるアートワークの入手も出来ます。
さらに、真空管アンプを作りたい場合でも、「真空管アンプ回路図」などのキーワードを使えば、電子回路や配線図などの図面を入手する事が出来るので、回路設計が出来ない人でも気軽に電子工作を楽しめます。
尚、電子工作は作る楽しみだけではなく、電子回路を動かす楽しみがあります。
アンプの場合は音が鳴る事で満足感を得られるなどの魅力を持っています。

電子回路の入手が出来たら部品リストを作成しよう

電子工作に最適な電子回路を見つけた後は、電子回路図に記載してある電子部品をリストアップしましょう。
電子回路図には、抵抗やコンデンサ、IC、トランジスタなど色々な部品がシンボル記号で記載してあります。
抵抗などの場合は、R1001kΩやR1024.7kΩなどのように、部品のリファレンス番号と定数が記載してあります。
中には、R108100Ω3Wなどのように定格電力が記載してある場合もありますが、3一般的な抵抗器の定格電力は1/4Wなどが多くあり、電子回路図には1/4Wなどの表記が省略してありますし、親切な電子回路図などの場合は、余白に「指示なき抵抗は1/4W」などの用に表記が行われているケースもあります。
3Wなどの表記がある抵抗器は、電流が多く流れる部分になるので必ず指定の部品を購入するようにしましょう。

ICやトランジスタなどの品番は正確に

ICやトランジスタ、ダイオードは半導体に含まれている部品です。
電子回路図に記載してある半導体を通販サイトで検索をする場合、ICなどの中には代用品が使えるものもあるので、電子回路図に記載してあるICが通販店にない場合には、代用品を使うのがお勧めです。
尚、電子部品は1個単位で購入が出来るようになっている通販店が多くありますが、利用頻度が高い抵抗やコンデンサなどは10個単位や100個単位で購入しておけば、他の電子工作を行う時にも使えるのでまとめて買い物をしておくと良いでしょう。
ちなみに、電子部品を購入する時には部品の値段だけではなく、送料についても比較をしておくのがお勧めで、買い物金額が幾ら以上になると送料無料などのお店が多くあるので、なるべく一つのお店でまとめて買うようにしましょう。

ザイコストアポイントはさまざまな商品と交換ができます。 サイトでは正規品やRochester製品、Mouser製品を販売しています。 価格交渉も積極的に受け付けておりますのでお問い合わせください。 新規登録でもれなく500ポイントプレゼント! 部品実装の見積もりと発注がWEBでできるようになりました! リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 半導体・電子部品の通販はザイコストア!